やっちの覚醒

雑記ブログです。

『her/世界でひとつの彼女』

映画オタクの友人に勧められた。友人曰くスパイク・ジョーンズの『her』はスパイク・ジョーンズの熟成を感じるぐらいスパイク・ジョーンズ感すごかったしおすすめ」(スパイク・ジョーンズ言いたいだけやろ…)らしいが、熟成もなにも私はスパイク・ジョーンズ作品と言えば『かいじゅうたちのいるところ』しか観たことがなかった。しかも内容はあまり記憶にないって言うか何度見てもなぜか途中で寝てしまうので諦めた。

さらにスパイク・ジョーンズやと『アダプテーション』『ヒューマン・ネイチュア』『マルコヴィッチの穴』はおさえといて欲しいかも」(ドヤ感が半端ない)と。ここまで語られるともはや面倒くさい。直接言うと確実にキレられるので「了解」と答え、とりあえず『her』だけ観てみることにした。

ジャケット見てもあまり好き系ではないし、『世界でひとつの彼女』ってサブタイトルが何かアレ。借りてきた事を友人に伝えると、返ってきた言葉がこれだった。
スカーレット・ヨハンソンがめっちゃいい。しょーもない映画でもスカーレット・ヨハンソンの声が聞けただけで満足できるから。」

あれだけ勧めといてしょーもないんかい!!!


※以下ネタバレあります

正直あまり期待していなかったけれど、結構面白かった。
人間の主人公セオドアと人工知能型のOSであるサマンサの恋愛を描いた物語。声のみの出演とは言え、スカーレット・ヨハンソン(サマンサ役)がかなり魅力的だった。ホアキン・フェニックス(セオドア役)は役のせいだと思うけれど、ちょっと気持ち悪かった。たぶん眼鏡とヒゲのせいもある。

映画の舞台は近未来だけど、現実よりも非現実的なものに癒しを求めると言う点では現在でもよくある話だし、実際こういう世界になりつつあるんじゃないかなと思った。暇つぶしにiPhoneのSiriに話し掛けていたのが、いつの間にか恋しちゃってました、みたいな人も広い世の中にはいるかもしれない。まぁ、サマンサはSiriとは比べものにならないくらい進化してるんだけれど。

個人的に一番好きだった人物はセオドアの友人、エイミー。セオドアがOSに恋してることを打ち明けた時も、ドン引きしたりせず「恋ってクレイジーなものよ」って言ってくれるし。「一体僕は何がしたいんだ?自分がわからない」と落ち込んでるセオドアにはエイミーなりの人生観を語って励ましてくれる。お互い思っているだろうけど、良い友達だ。


コメディ要素が多いのも良かった。
セオドアが自宅でやってたゲームのキャラが憎たらしいのに何故か可愛くて、何回も巻き戻してしまった。
あとソフトのアップデート中のため、一時的にサマンサの返答がなかった時のセオドアの取り乱しっぷりには笑った。あえての演出なのか、焦り過ぎて思いっきり転けて、周りの人達が心配して声掛けてくれてるのに、完全無視て!!余裕なさすぎでしょ!!


終始セオドアに振り回されつつも、全体的に印象的な台詞が多くて、最後まで観れた感じ。でも終わり方は、私にはよくわからなかった。サマンサに「こんな風に愛したのは君だけだ」とか言って別れた後の、元妻キャサリンへの手紙も胡散臭いと言うか、都合良すぎでは?と思ったけど、まぁ人間てそうゆうとこあるよな…。失ってから本当の大事さに気付くし、綺麗事並べて良い思い出にしたがるみたいな。

エイミーが言ってた「人生は短いわ。だから生きてるうちに謳歌しなきゃ…喜びを」「“知るか”よ」で何だか全部落ち着いた気がする。いろいろと上手くいかない時はいっそ開き直っちゃえ、と。

なんだかんだで、スパイク・ジョーンズの他の作品もまた観てみようと思える作品でした。


ちなみに、日本語吹替版でのサマンサ役は林原めぐみさん。気になったので観てみたけれど、これはこれで良い。エヴァ綾波レイとか名探偵コナン灰原哀の時のようなクールな声だけじゃなく、可愛い声や色っぽい声も聞けるのでファンの方にはおすすめです。

『閉鎖病棟』

閉鎖病棟 (新潮文庫)

閉鎖病棟 (新潮文庫)

帚木蓬生 著『閉鎖病棟』を読んだ。精神科病棟に入院する患者達の日常を、患者の視点で描いている。著者の帚木蓬生さんは現役の精神科医だそうで、なるほど納得な内容だった。この方の著書を読んだのは初めてだけれど、きっと患者のことをよく見てきたお医者さんなのだろうと思う。

この『閉鎖病棟』に登場する入院患者のほとんどは<精神分裂病>と書かれている。現在で言う統合失調症の事らしい。症状は様々だけれど、主に幻聴や妄想、それらの影響で奇怪な行動をとる。本人には病識がない事も多いけれど、客観的に見れば異常とみなされ、精神科病棟へ連れてこられる。


私にも統合失調症の家族がいる。今は症状も落ち着いているが、一時期は大変だった。一年ぐらい前は特に辛くて悩んでいた記憶がある。本人の苦しみを理解しようとせず、自分のことしか考えていなかった。今後の事はわからないけれど、最近は家族との関係について前向きに考えられるようになった。

閉鎖病棟』にも精神病患者を厄介者のようの扱う家族について書かれる場面があるが、かつての自分を思い出し反省した。
ストレスの多い社会から離脱された環境で、患者達は純粋に穏やかな生活を送っている。外の世界で上手くやれないのは、病気がそうさせただけで、本来の人間味はそう変わらない。とは言えどうしようもない人間がいるのも確かで、この物語の中でもある事件が起こる。そこからは何とも言えず悲しくて、救いを求めるように一気に読み進めた。上手く言えないけれど、切なくて優しい想いが繋いだ、人と人との絆に感動した。

『マグニフィセント・セブン』


冷酷非道な悪漢バーソロミュー・ボーグに支配された町で、彼に家族を殺されたエマは賞金稼ぎのサム、ギャンブラーのジョシュなど荒れ果てた大地にやってきた<ワケありのアウトロー7人>を雇って正義のための復讐を依頼する。
最初は小遣い稼ぎのために集められたプロフェッショナルな即席集団だったが、圧倒的な人数と武器を誇る敵を前に一歩もひるむことなく拳銃、斧、ナイフ、弓矢などそれぞれの武器を手に命がけの戦いに挑んでいく―。(公式サイトより)

友人と『沈黙-サイレント-』を観るつもりだったのだけど、結構重い内容なのでその日のお互いのテンションに合わないかもねーって言って、『マグニフィセント・セブン』に変更した。これが大正解で、めちゃくちゃおもしろかった。

『マグニフィセント・セブン』は、日本映画史上に残る黒澤明の名作『七人の侍』(1954)と、そのハリウッド・リメイクであるジョン・スタージェスの西部劇『荒野の七人』(1960)を原案として製作されたアクション大作である。

この映画の魅力は、観る者を熱くさせる要素が満載なところだと思う。
まず、主要キャラがみんなカッコイイ。ついでに馬もカッコイイ。7人の個性的なアウトロー達が仲間に加わる過程(トントン拍子すぎる気もするのは否めない)には興奮した。しかも人種も扱う武器(西部劇なので基本は銃だけど)も様々で、さすが現代版リメイクなだけあって、目が肥えてしまった(?)我々世代を退屈させないキャラ設定になっている。
恋愛要素はほとんどないけれど、未亡人エマ(ヘイリー・ベネット)の素晴らしいおっぱいが補ってくれてますね。

そして、見応えありのアクションシーン。戦力では圧倒的に不利な状況の中、至る所に罠を仕掛けるなど、町で迎え撃つということを活かした戦術を立てる。これは『荒野の七人』では見られなかったし、『七人の侍』の影響を大きく受けていると感じた。アントワーン・フークア監督は『マグニフィセント・セブン』の準備中、しばしば『七人の侍』に立ち戻ったと語っている。

また、敵もやられっぱなしではない。戦闘の後半、恐ろしい武器で反撃してくる。町の人々はなす術もなく、緊張感と絶望感が漂う。ここからの展開が本当に凄い。ファラデー(クリス・プラット)の行動が粋すぎる。グッドナイト(イーサン・ホーク)とビリー(イ・ビョンホン)のコンビもいろんな意味で良かった(腐女子が喜びそう)し、サム(デンゼル・ワシントン)は安定感すごい。とにかくみんなかっこよすぎでしょ。


細かい部分で多少気になるところはあったけれど、娯楽映画としては傑作じゃないでしょうか。
七人の侍』または『荒野の七人』ファンであればもちろん、どちらも観ていない方でも十分に楽しめる映画だと思うのでぜひ劇場で観てほしいです。

『この世界の片隅に』

 

※多少ネタバレあります

既に大ヒットして今更感もあるけれど、今年初めて観た映画『この世界の片隅に』がとても良かった。どこがどう良かったのかと訊かれると、上手く言葉に出来ないのだけれど…それぐらい、打ちのめされてしまった。

 

この作品に描かれていることのすべてを正しく解釈できているのか自信がない。でも、私なりに受け止めて、たくさん救われた。映画を観た後に原作漫画を購入し、何度も読み返した。

 

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 上 (アクションコミックス)

 
この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 中 (アクションコミックス)

 
この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

この世界の片隅に 下 (アクションコミックス)

 

 

 温厚な性格で、ボーッとしてて、親が決めた結婚も受け入れて。風に吹かれるたんぽぽの綿毛のように、ただ流されるまま生きてきたすずさんが、広島から呉の北條家に嫁ぎ、その土地に少しずつ根を下ろす。戦争によって大切な人やものを失くし、穏やかだったすずさんの思考が歪んでしまう場面には胸が痛んだ。

原作を読みすぎて映画にもあった場面かどうか忘れてしまったのだけれど(ダメじゃん!)、最後には、それらの記憶を持つ遺された者として「うちはその記憶の器としてこの世界に在り続けるしかないんですよね」と微笑む。ちゃんと前を見据えて。時代とか関係なく、人の在るべき姿のようなものを考えさせられた。

 

どんなに悲しくてやりきれない事があっても、生きてさえいれば、この世界が愛おしく感じる瞬間が必ずある。例えば、美しい景色を見た時、人の優しさに触れた時、好きな人とお喋りしている時、美味しいものを食べている時、とか。気付きにくいだけで、愛はそこらじゅうに溢れてる。いや、何をクサいこと言うてるねんて感じですが。でも、何だかそんなことを真面目に考えてしまった。

 

 世界の片隅に生きるひとりの人間として、この素晴らしい物語に出会えて本当に良かった。

 

そして何より、すずさんが可愛かった。特にありゃー顔が。こんな優しい人になりたいな。ほいで周作さんみたいな人と結婚したい。

この世界の片隅に うちを見つけてくれて ありがとう」

言える日は来るのか?

 

あ、広大なネットの片隅に、このブログを見つけてくださりありがとうございます。

2017年にやりたいこと

今週のお題「2017年にやりたいこと」

 初投稿にして、“今週のお題”って何かおかしい気もするけど、ちょうどいいお題だったので。

 

・ブログを続ける

・ひとり暮らし

・お家でパン、お菓子作り

・美味しい物を食べる

・本を読む(月3冊以上)

・映画を観る(月3本以上)

・良い音楽に出会う

・パソコンを買う

・絵を描く

・筋トレ

ジェダイになる

 

去年やっていたブログは3ヶ月坊主になってしまったので、新しく始めることにした。更新が途絶えた悲しいブログを量産しないために、今年こそはちゃんと続けたい。

自由にいろんなことを書きたいので、“雑記ブログ”ってことで。

 

ブログ名は、今更ながら観た映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』に影響されて適当に決めた。(つまりパクリである。)

シリーズの中で1番好きなサブタイトル。

それにしてもカイロ・レン…何なんだこいつ。こんなダサい悪役見たことねえぞ!その他新キャラはみんなよかったんだけどなぁ。

モヤモヤが残る内容だったけど、続編で諸々明かされるのを期待して…。 

『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』も早く観なければ。

 

ていうか、早く寝なければ。

 

 

2017年も、フォースと共にあれ!